ガラスは工業の未来の四大発展の傾向を包装します

作者:インターネット  浏览量:51  发布时间:2016-09-19 10:41:59  

ガラスは工業を包装して紙の製品の容器とペットボトルなどの包装素材と容器と競争して、先進国のガラス瓶生産

企業がずっと製品の品質更に信頼できるのに力を尽くしている、外観が更に美しい、コストが更に低い、売価が更

に安い。これらの目標を実現するため、国外のガラスは工業の発展の傾向を包装して主に以下いくつの方面で表

現します:

第1、先進的な省エネ技術を採用します。エネルギーを節約するのは、溶ける品質を高めて、かまどのストーブの

使節の1つの道を延長するカナダです大きいカレットの使用量、国外のカレットは量に参加して60%―70%まで達し

ます。最も理想的なのは100%のカレットを採用するので、“生態”のガラスの生産する目標を実現します。

1

第2、瓶の缶の軽い数量化。欧米日などの先進国で、軽い計量フラスコはすでにガラス瓶生産メーカーの主導的な

製品でした。ドイツObedand会社の生産するガラスの瓶、80%は軽い数量化の1回限りが瓶を使うのです。原料の

成分の精確なコントロールは、つくってすべて過ぎるのを溶かします程の精密なコントロール、小口症は技術、瓶の

缶の寒い熱を吹いて吹付け塗装を捧げて、オンラインで先進技術を測定するおさえて、瓶の缶の軽い数量化を実現

するのですの根本的な保証。江蘇ガラス瓶生産メーカーは瓶の缶の表面を開発していて技術を強めて、試みて更に

瓶の缶の重さを減らして、…でもっとも速いスピードは世界に統合します!

2


第3、労働生産性を高めます。ガラスの瓶の製造する労働生産性の肝心な点を高めるのはどのようにガラスの瓶の

成型するスピードを高めるのです。現在先進国のあまねくとる方法は選用多チームは、多く推測する成型機械を垂ら

すです。高速成型機械とマッチングする大型のかまどのストーブ、必ず大量に安定的な供給の優良品質のガラスの

液体の能力があるなくてはならなくて、垂らす温度と粘度が最優秀成型する条件の要求に合うと推測します。このた

め、原料の成分は必ず非常に安定的でなければならなくて、先進国のガラス瓶生産企業は大部分が(は)専門の原

料から精製する標準化の原料を使います生産企業は提供します。品質のかまどのストーブの暑い労働者のパラメー

ターをつくって数値制御システムを採用するのを溶かしを保証して、全過程の最適制御を実現します。

3

第4、生産の集中する度を高めます。ガラスのために工業を包装してその他が製品を包装してもたらす厳しい競争の

情勢、大量に挑戦するのに直面しますガラス包装生産企業は併合と改造を行いを始めて、ガラスの容器の工業の集

中する度を高めて、それによって資源の配置を合理化して、持ちます高のスケール利益、無秩序の競争を減らして、

強めて能力を開発して、これはすでに現在の世界のガラスの瓶の工業を包装する潮流になりました。

相关文章